事例紹介

暖かなフレンチカジュアル

物件名
旭ヶ丘のリノベーションマンション
所在地
北海道札幌市中央区
構造・規模
RC分譲マンション
金額
500万
家族構成
夫婦2人
モノ・コトストーリー
賃貸マンションにお住まいだったYZ様。
現在住んでいるところのお近くで中古マンションを探していらっしゃいました。
ほどなくして、築25年経ってはいましたがコンディションがとても良い中古マンションが見つかり即購入、リノベーションをしました。
しかし、当初の予算から行くと中古マンションの値段が少々オーバーしていましたが、そこはコンディションの良いマンションでしたので、そのままで使えるところは積極的に使っていくことで、全体予算は変えずにYZ様の希望は叶えることが出来ました。

床は北海道産の無垢トドマツを使用しています。
マンションですから当然防音性能はクリアしていますし、管理組合の了承も得ての工事を行っております。

キッチンは既存の位置を変えずに、システムキッチンを入れ替えています。
ただ、オープンキッチンと言うのもご希望の一つでしたので、キッチンを隔てていた間仕切り壁は壊してオープンとし、システムキッチンと直角方向にデザインを踏襲した造作の食器棚兼カウンターを造ることによって、L型キッチンのようにお使いいただくことが出来るよう工夫しています。

和室は当初解体してリビングにするつもりでしたが、予算を削ることと畳のある空間の良さを再認識し、和室は残すけれどもインテリアで全体感を整えることとしました。

玄関を入って正面の壁が寂しく感じましたので、正面の壁の一部の壁紙の色を替え、そこにはアーティストのご主人の作品を飾りました。
ご主人の作品は、随所にインテリアとして配置して、空間に豊かさを出しています。

今回はリノベーションに加え、インテリアコーディネートもお手伝いしました。
インテリアコーディネーターはリビングシングスの墨谷展子さんと共同作業です。
カーテンはキレイな柄の入ったボイルのレースを活かすために、ドレープ(厚手)の内側にレース生地を掛けました。
ソファは澪工房さんのものを選んでいます。
たまたま澪工房さんで見かけた星形の照明をYZ様が気に入り、和室に用いることにしました。
写真
3453