事例紹介

自然素材の家

物件名
中古住宅を買ってリノベーション
所在地
北海道札幌市
構造・規模
木造2階建て(延床面積139.32㎡-42坪)
金額
1800万(外構含むリノベ費用)
家族構成
夫婦+子供2人
モノ・コトストーリー
S様ご家族は、築数年しか経っていないマンションにお住まいでした。
ご家族はご夫婦とお子様ふたり。
ひとりは幼稚園に通う男の子、もうひとりは生後まだ日も浅い女の子でした。
そんな誰もが羨ましいと思う家族環境にいらっしゃるのに、私どもに中古住宅+リノベーションのご相談。
よくお話を聞くと、現在お住まいのマンションで階下に住む住人とのトラブルを抱えているらしいのです。
まだ小さなお子様たち。
それはいくら注意を払っても、多少は走ったり跳ねたり大きな声を出したりしますよね?
そんな時に階下から天井を何かで”ドンドン”とついてくるらしいのです。
そんなことが続き、すっかり奥様も精神的に参ってしまい、階下の住人のことを気にしなくてもいい一戸建てに住みたいということでご相談にいらっしゃいました。
 
早速中古住宅探しを始めましたが、同時に現在お住まいのマンションの売却も進めなければなりません。
その両方の同時進行はなかなか大変なことでしたが、なんとかクリア、S様が気に入った中古住宅も見つかり、インスペクションに入りました。
 
が、しかし、、、、、、
 
その気に入った中古住宅はいわゆるリフォーム済み物件。
床材も内装もキッチンもユニットバスもすべて新品に取り替えられており、このまま住める状態でしたが、S様のご希望の仕様とは全く合いません。
この物件で進めるならば新しく張った壁紙も新しいキッチンもユニットバスも解体です。
でも、この物件が良いという決断をS様がされ、計画を進めることになりました。
 
まずはインスペクションです。
しかし、インスペクションをしてもリフォームをせずにそのまま古い状態のままでしたらわかることも、きれいに化粧直しされてしまっては、なかなかわかりづらいところがあります。
そんなですから、通常でしたらリノベNGと判断するところではありますが、、、、。
 
 
そうして、リノベーション工事が始まりました。
新しい内装をすべて剥がします。、、、、、あぁ、、、もったいない、、、、。
 
そうしたら。
開けてビックリ玉手箱!!!
予想以上に土台や柱が痛んでいました。
他にも、手抜き工事のあとやエトセトラ、、、、、、、、
 
まさに、”欠陥工事の宝石箱やぁ~”と叫んでしまいたいほどの酷さでした。
 
これ、私たちは壁を剥がしたからよかったものの、何も知らずにリフォーム済み住宅として買って暮らしたらどうなったか、、、、、、
怖いですね。
世の中、きっとこんな住宅いっぱいあるんだと思います。
 
問題だらけだった住宅も、すべて悪い所は取り替え、構造補強もしっかりと行い見違えりました。
お子さんが若干のアトピーということもあり、自然素材をふんだんにつかった内装にしました。
 
床に道産トドマツの無垢フローリング、壁は稚内珪藻頁岩塗り、階段も木材で組み上げとても柔らかく暖かいお家になりました。
 
また、リビングに直結してスタディスペースを設け、子供たちの勉強机として、ご夫婦のパソコンデスクとして、ご主人の書斎として、多様な使い方ができるスペースを設けました。
 
2階は、子供部屋ですが、まだふたりとも小さいこともあり、大きなワンルームとしています。
また、壁の一部には黒板塗装を施し、遊びの要素も取り入れました。
 
 
ちなみにこの住宅、竣工当時の図面が残っていたので拝見したところ、設計はフランクロイドライトに師事し、北海道で数多くの名作住宅を手掛けた田上義也氏によるものでした。 
田上氏の建築に直接手を掛けられるなんてとても幸せでした。  
写真